生活

夏から秋へ。季節の変わり目で気をつけたいこと。

更新日:

9月に入ってすっかり涼しくなんりましたが、お元気にお過ごしでしょうか? 季節の変わり目……特に夏から秋な向かっていく時期は体調を崩してしまいがち。今回は季節の変わり目で気をつけたい事について調べてみました。

 

279c7e3161e21f0c137b918248faca0c_s

 

◆ 環境が変わっても……

人間の身体は良く出来ていて、外の環境がどれだけ変わっても、体内の環境を一定に保つ仕組みがあります。季節の変わり目は、外の環境が大きく変化するので、自律神経の中枢である視床下部が対応しきれなくなり、抵抗力や免疫力が弱まって風邪を引きやすくなるのだとか。

 

◆ 汚れ・ホコリに気をつけて!

自律神経が弱っている状態では、免疫力が低下していますから、ホコリなどのアレルギーの元となるものに対して正常に対処することができなくなっているケースがあるので、お部屋の掃除は念入りに。

 

◆ 早めにマスクをする勇気

冬本番の寒い時期ですとインフルエンザ等の感染対策にマスクをする人が多いと思うのですが、この時期にマスクをする人は少ないかと思います。しかし「ちょっと疲れ気味かも」と言う時は要注意。ウィルスを取り込みやすい状態なので、マスクをして感染予防を。

特にマスクを濡らして絞った「濡れマスク」が効果的です。また、マスクと合わせて「うがい・手洗い」もしてください。

 

◆ 気温に合わせて服装を変える

季節の変わり目は気温が大きく変化します。外出する時は上着を1枚持ってでる習慣付を。

最高気温を目安に服装の準備を

22℃~20℃…半袖と長袖の分かれ目

20℃~15℃…秋物のセーター、または1枚羽織るもの

15℃以下~ …冬服に着替える目安

 

◆食事で気をつけること

刺激性の強い香辛料などは控えることをお勧めします。なぜなら、自律神経が調整しにくい状態になっているときは、刺激物により交感神経が緊張し、自律神経の調整をいっそう狂わせるからです。

 

◆ 肌売れ対策

普段健康な肌の人でも季節の変わり目だけ肌荒れをするということがよくあります。「季節の変わり目」は寒暖差が激しく、これによって目に見えないストレスが蓄積され、肌荒れを引き起こすのだとか。

 

この時期だけ敏感肌用の化粧水に変えてみてください。肌の調子が安定してきたら、いつものラインに戻せばOK。

いかがでしょうか? この時期は自分が感じている以上に身体はナイーブな状態になっています。いつも以上に身体を労って、秋を満喫してくださいね。

合わせて読みたい

おすすめ
おすすめ
おすすめ

-生活
-, , , , ,

Copyright© 冠婚葬祭と生活の知恵袋 , 2019 All Rights Reserved.