冠婚葬祭から日々の暮らしの疑問まで。生活に役立つ情報サイトです

冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。

お葬式

世代別。香典の金額の相場

更新日:

不幸事があった時に「香典」は必ず必要になりますが、金額の相場っていくらなのでしょうか?

少な過ぎては恥ずかしいですし、そうかと言って多過ぎるのもかえってご迷惑になる場合があります。お香典は多過ぎず、少な過ぎず無難な金額が良いように思いますが、イザとなると「いくら包めば良かったっけ?となってしまいますよね。今回は一般的な「香典」の相場についてお届けします。

お香典の相場(世代別)


自分の親




まず、最も近い身内の場合ですが、日頃の交流の深さによって金額が変 わってきます。自分の親が亡くなった場合、喪主以外の子どもは香典が必要です。

20代 3万円~10万円
30代 5万円~10万円
40代 10万円~

自分の兄弟


20代 3万円~5万円
30代 5万円
40代 5万円


自分の祖父母


両親に扶養されている孫は香典が必要とないという考え方が一般的です 。しかし社会人となると、孫でも香典を出すケースが出てきます。この考え方は地方 によっても違いますので、ご両親に相談されると良いでしょう。

20代 1万円
30代 1万円~3万円
40代 3万円

自分の叔父・伯母




自分の親よりも多く出す必要はありません。ご両親が存命の場合は、ご両親に香典の金額を相談する事をオススメします。

20代 1万円
30代 1万円~2万円
40代 1万円~3万円


その他の親戚・従兄弟


20代 3千円~1万円
30代 3千円~2万円
40代 3千円~3万円

友人・知人


20代 5千円
30代 5千円~1万円
40代 5千円~1万円

友人・知人の親


20代 3千円
30代 3千円~1万円
40代 3千円~1万円


恩師


20代 3千円
30代 3千円~1万円
40代 3千円~1万円

仲人

20代 1万円
30代 1万円
40代 1万円~

隣近所


20代 3千円~5千円
30代 3千円~1万円
40代 3千円~1万円

会社・職場関係の場合


取引先の重役以上の役職者の場合

会社や職場では会社名で香典を出す場合があるので、まずは上司に相談してください。弔電やお花を手配して香典を送らないケースもあります 。一般的に香典の金額は1万円以上が相場とされています。

職場の上司、同僚、取引先


まずは上司に相談してください。弔電やお花を手配して香典を送らないケ ースもあります。

20代 5千円
30代 5千円~1万円
40代 1万円

職場の上司、同僚、取引先の家族


20代 3千円~5千円
30代 3千円~1万円
40代 5千円~1万円

お香典を辞退されるケースも


最近は「故人の遺志によりお香典は辞退させていただきます」とされるケースが多いようですが、お通夜やお葬式に出席する時に香典の用意は必要です。辞退されてから持ち帰るようにしてください。

また、香典袋に入れるお金は新券を避けて古いお札を入れて ください。不幸事に新券を使うと「準備して待ってたようだ」と言うこ とでタブーとされています。しかし、あまり古くてボロボロのお札を使 うのは失礼にあたります。もし手元に新券しか無い場合は1度折り目を 付けてから香典袋に入れてください。

  • この記事を書いた人

知恵袋おばさん

冠婚葬祭や生活の知恵を解説します。

-お葬式
-, , ,

Copyright© 冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.