お葬式

公共の交通機関を使っての遺骨の運び方について

更新日:

お葬式を終え、遺骨を移動する場合、自家用車やタクシーを利用出来れば良いのですが、遠く晴れた場所に遺骨を持ち帰りたい、あるいは改葬やお墓の引越のため、遺骨を運びたいといったケースに遭遇する事もあるかと思います。その際、どういうふうに運んだら良いのか調べてみました。

遺骨を持って乗り物に乗れる?

 

疑問

 

遺骨を持って飛行機や電車に乗ることは可能です。

扱いとしては「手荷物」と言うことになります。

飛行機の場合は搭乗し席に着いたら、一般の荷物と同様に収納しないといけないか、膝の上に置いて問題ないかなど、乗務員に確認しましょう。

安全上の問題などもあり希望通りにするには難しい場合もありますので、事前に確認しておくことがよろしいでしょう。

遺骨を運ぶ時の配慮

公共交通機関

公共交通機関で遺骨を運ぶ場合、遺骨はサラシを巻いて首からさげて持つのが一般的です。

よく映画やドラマなどでそういう場面をご覧になった事もあるかと思います。しかし、公共の交通機関を利用する場合、周囲の人がギョッとしてしまうかも知れません。

また、視線が集まってしまうのも避けたいところ。サラシを巻いて首から下げるスタイルがNGと言う訳ではありませんが、パッっと見ただけでは遺骨と分からないように運んだ方が無難です。

その場合、最も簡単なのが「風呂敷に包む」と言う方法。

金銭的な意味ではリーズナブルですが、持ち運びにくいという欠点があります。

遺骨専用のバッグ

遺骨専用のバッグもあります。

遺骨専用のバッグは特殊な品物のため、やや割高感があるのは否めませんが、持ち運びと言う意味では便利だと思います。ネット通販で購入するか、葬儀社に尋ねてみてください。

遺骨バッグ

また、遺骨専用のバッグ以外で、遺骨が入る大きさの袋に入れて運ばれる方もおられます。

ロゴスのバッグ

アウトドアグッズを扱っているロゴスのバッグの大きさが丁度良いとのことで、遺骨を運ぶのに使う方がおられるようです。確かに、このバッグならパッと見て遺骨が入っているとは分からないですね。

ロゴスのバッグ

遺骨を宅配便で送ることは出来る?

宅配便

多くの宅配便では規約で遺骨の引き受けをしないと決めいるため、基本的に遺骨を宅配便で送る事は出来ません。

国内では、郵便局が取り扱う郵パックなら引き受けてくれるそうです。

大切な遺骨ですので、なるべくご自身の手で運ばれることを優先して、やむを得ない選択肢として利用されることをお勧めします。

実際に送る時場合、骨壷の中に水が溜まって、輸送途中に水が漏れ出てしまうことがあります。

特にお墓に長く埋葬していた骨壷を取り出した場合は、中に水が溜まっていないか、ふたをあけて確認し、少し風通しを良い場所に置いてください。そのうえで、梱包する時は、水を吸うように布などを一緒に入れてください。

また、輸送中の衝撃で骨壷が割れてしまうことのないように頑丈に梱包し、伝票には「割れ物」や「瀬戸物」と記載しましょう。

送り先が、お寺やお墓の場合は、事前に、送る旨を伝えて受取が可能かどうかを確認してください。

参考(遺骨を郵送する場合はこちらの記事を参考になさってください)

ゆうパックで遺骨を送る「送骨」について

ここ数年、家族形態の変化と共にお葬式や供養の形も変わってきています。かつて日本は自宅でお葬式をして、遺骨はお墓で供養する ...

続きを見る

まとめ

いかがでしょうか? 遺骨を運ぶ機会はそうそうある事ではないかと思うのですが、ご自身の手で遺骨を長距離に渡って運ぶ必要がある時は参考になさってください。

  • この記事を書いた人

知恵袋おばさん

冠婚葬祭や生活の知恵を解説します。

-お葬式
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.