冠婚葬祭から日々の暮らしの疑問まで。生活に役立つ情報サイトです

冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。

神社・お寺

持ち帰った「おみくじ」の処分方法について

更新日:

年明けは初詣に行かれる方が多いかと思うのですが、初詣で「おみくじ」って引かれますか? 普段は占いに興味が無くても初詣の時ばかりは「運試し」的な意味合いおみくじを引く方もおられるかと思います。おみくじは、境内の木などに結んで帰る事も出来ますが、持ち帰る事もありますよね。今日は持ち帰ったおみくじの処分方法について調べてみました。

おみくじは持ち帰っても良い物なの?


一般的に言われるのは「おみくじは悪い物は境内の木に結んで、良いものは持ち帰る」と言うものがあります。しかし最近はおみくじを結ぶことで境内の木が傷んでしまうという懸念から、持ち帰りを推奨する神社が増えているそうです。

悪いおみくじは木に結ぶことで、凶を福に転じるようお願いする意味合いがあるようですが、基本的に持ち帰っても良いとのこと。

おみくじは「指導」を書いた紙




おみくじはは神仏からの「指導」を書いた紙だとも言われています。ですから、手帖などに挟んでおいて、何かに迷った時などに読み返すと良いようです。自らの心の支えにしたり、戒めとしたりするのが目的なのだとか。

おみくじの捨て方について


おみくじの扱いについては、正式なルールは無いようです。
ただし、やはり「神様から戴いたもの」には違いないので雑に扱うのはNG。

最も良いのは神社に返納することだとされています。旅行先等で複数枚おみくじを戴いた場合、おみくじを戴いた神社に返さなければいけないと言うことはありません。近所や行ける範囲の神社の古札入れや、お守り授与所に返納すれば良いようです。「違う神社のおみくじは受付ません!」なんて心の狭い神様はおられませんから安心なさってください。

神社が違っていても、神社側で「お焚きあげ」して戴けます。



大抵の場合、初詣に行くと絵馬やお守りの返納箱が設けられていますから、そこに収めればOK。

おみくじもお守りも効果は永続的ではありません。一定期間が過ぎれば返納した方が良いようです。

神社にもっていけない場合


おみくじはゴミとして捨てても良いようですが、流石に生ごみと一緒に捨てるのは神様に対して失礼です。

ビニール袋におみくじと塩を入れるか、和紙や白い神にに塩とおみくじを包んで「ありがとうございました」と言って捨てるのが良さいでしょう。ゴミとして捨てる場合も感謝の気持ちを忘れずに。

まとめ


いかがでしょうか? おみくじって、引く時はワクワク楽しいものですが、その後、かばんの底でクシャクシャになっていたり、あるいは自宅に持ち帰っても机の引き出しに入れっぱなし……なんて事になっていませんか? おみくじは神仏からの「指導」を書いた紙とのことですから、返納するか、しかるべき方法で処分するようにしてくださいね。

  • この記事を書いた人

知恵袋おばさん

冠婚葬祭や生活の知恵を解説します。

-神社・お寺
-, , , , , ,

Copyright© 冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.