疑問

葬祭 結婚

「平服でお越しください」と言われた時の服装について。【結婚式・法事】

更新日:

結婚披露宴や、葬儀で行うお別れ会など、冠婚葬祭の案内で「平服でお越しください」と言われた時、どんな服装をすべきか迷いませんか?

平服とは、ジーンズやTシャツといった普段着の事ではなく、略礼装の事を指します。

しかし、具体的にどのような服装を着るべきか、イメージしにくいものですよね。

そこで今回は、結婚式と葬儀・法事のシーンで着用する平服について、選ぶ上で気を付けるべき点も踏まえてご紹介します。

「平服でお越しください」と言われた時のマナー

疑問

相談者
平服で…って言われるとかえって迷いますよね

知恵袋おばさん
普段着で出掛けて失敗した…なんて話をたまに聞くわね

平服とは?

平服とは

それでは一体、平服とは何でしょう?

本来、平服とは「略礼装」のことで、結婚式ならドレス、葬儀ならダークスーツが適当だとされています。

相談者
それって、ほんど礼服ですよね?
知恵袋おばさん
礼服ほど頑張らなくていいですよ…って感じかな

注意ポイント

「平服でお越しください」とは「堅苦しく考えずに気軽に来てください」という意味で使われていて「正式な留め袖やタキシードを着るほどではありませんよ」と言う意味でしかありません。

披露宴にに招かれた男性の平服

男性の平服

 

男性の平服(披露宴)

  • ブラック・グレー・ネイビーのダークスーツ(シングルでもダブルでも可)
  • ホワイトシャツ
  • ダーク系の革靴
  • ネクタイの色は白・シルバーグレー(黒は不可)
  • ポケットチーフ可
  • 時計不可
  • 結婚式に「平服で」と招かれた男性はブラック、グレー・ネイビーなどのダーク系のスーツにホワイトシャツとネクタイ、ダーク系の革靴を着用します。ジャケットはシングルでもダブルでもかまいません。
  • ネクタイの色は白ではなく、シルバーグレーなどの色でもOKですが、黒のネクタイは使わないでください。ポケットチーフなどで装ってもOK。
  • 時間を気にせずお祝いいたします」と言う意味があるため、時計は付けないのがマナーです。
相談者
これ…ほとんど礼服ですよね?
知恵袋おばさん
礼服よの少し崩してもOKですよ…くらいのイメージね

披露宴にに招かれた女性の平服

女性の平服

女性の平服(披露宴)

  • パステルカラー・ベージュ等のワンピース
  • エレガントなスーツも可
  • ヒールの高すぎないパンプス
  • 白は使わない
  • 時計不可
  • パステルカラーやベージュなどのパーディドレスやワンピースに、薄手のショール、ヒールの高すぎないパンプスを着用します。
  • エレガント系のスーツでもOK。イメージとしては「ホテルでディナーを楽しむ時のお洒落」です。
  • もちろん、華やかに装うと言っても花嫁より派手になるのはNG。白は花嫁の色なので避けましましょう。
  • もしスーツやワンピースがブラック系なら、アクセサリーやショールなどで華やかさを心がけてください。
  • 時間を気にせずお祝いいたします」と言う意味があるため、時計は付けないのがマナーです。
相談者
ほとんど結婚式の礼服ののノリですよね
知恵袋おばさん
振り袖や留め袖は必要ない…ってところが決定的に違うのよね

通夜・葬儀・法事に招かれた男性の平服

男性の平服(葬儀)

男性の平服(通夜・葬儀・法事)

  • 無地で濃いネイビーかグレーのダークスーツ(シングルでもダブルでも可)
  • ホワイトシャツ
  • 黒のネクタイ
  • 黒の靴下
  • 時計は不可
  • 無地で濃いネイビーかグレーのダークスーツに、ホワイトのシャツとブラックのネクタイ、ブラックの靴下と靴を着用します。ジャケットはシングルでもダブルでもかまいません。落ち着いた色合いの物ならOKです。
  • 「時間を気にしておりません」と言う意味があるため、時計は付けないのがマナーです。
  • 毛皮や革製品は殺生をイメージするため着用しないでください。(革靴は除きます)
相談者
喪服を着ないだけで、ほとんど喪服って事ですよね?
知恵袋おばさん
地味な色のスーツで靴下やネクタイは喪服ってイメージね

通夜・葬儀・法事に招かれた女性の平服

女性の平服(葬儀)

女性の平服(通夜・葬儀・法事)

  • ブラック・グレーのワンピースかスーツ(パンツスーツ可)
  • 黒か肌色のストッキング
  • 黒のパンプス
  • アクセサリーは結婚指、パールのみ可
  • 時計不可
  • ブラックかグレーといった地味な色のワンピースやスーツに、黒か肌色のストッキングと黒のパンプスを着用します。
  • 胸元の空いたデザインはNG。光沢のある素材や透け感のある素材は避けてください。
  • アクセサリーは結婚指輪とパールなら着用してもOKです。
  • 平服の場合、パンツスーツでも失礼にあたりません。
  • 「時間を気にしておりません」と言う意味があるため、時計は付けないのがマナーです。
  • 毛皮や革製品は殺生をイメージするため着用しないでください。(革靴は除きます)
相談者
要するに喪服のマナーと同じですよね
知恵袋おばさん
平服で…と言われたら着物は着なくていいんだけどね

お子さん平服(通夜・葬儀・法事・結婚式)

子どもの平服

お子さんの平服(通夜・葬儀・法事・結婚式)

  • 制服がある場合は制服
  • 男児は無地のブレザー(紺のベスト)・ズボン・白いシャツ
  • 女児はブラウスとスカート。またはワンピース
  • 靴は黒(地味な色のスニーカーでも良い)
  • 結婚式の場合は「白」を避け「お出かけ着」程度でOK。
  • お子さんの場合「平服」は大人ほど厳密ではありません。
  • 制服がある学校の場合は学生服でOKです。靴下は紺か白。靴は革靴が良いでしよう。帽子は必要ありません。
  • 制服のないお子さんの場合、男児は無地のブレザーとズボンに白いシャツをあわせます。女児はブラウスとスカート、またはワンピースでも構いません。
  • 下は紺か白、靴は黒が望ましいですが、無い場合は白、黒、紺などのスニーカーでもOKです。
  • 結婚式の場合は「花嫁より目立たない」「白は花嫁の色を避ける」という事さえ気にしていれば、どんな色の服でもOKです。
  • 不幸事の場合は白、黒、グレーといった落ち着いた色を意識してください。

「平服=普段着」ではありません

平服

平服はあくまでも「正式な礼服でなくてもけっこうです」と言う意味でしかありません。

冠婚葬祭は新郎新婦やご遺族にとっては大切な場面です。マナーを知った上で、失礼のないよう気をつけて戴きたいと思います。

合わせて読みたい

おすすめ
法事に持参するお供え物の選び方。持参して喜ばれる物。

法事に招待された時、お供え物を持参することになりますが、毎回「何を持っていこう?」と悩んだりしませんか? お供え物ってあ ...

おすすめ
結婚式・披露宴の服装のマナー

結婚式や披露宴に招かれた時、まず考えるまはご祝儀のこと。次は当日に着て行く服装の事ではないでしょうか? 「そんなの今さら ...

おすすめ
葬儀の服装
お葬式・お通夜の服装のマナー

冠婚葬祭の中でもお葬式は突然の事なので、何度か経験していても慌ててしまう事がありますよね。 今さら感がありますが、お通夜 ...

-葬祭, 結婚
-, , , , , , ,

Copyright© 冠婚葬祭と生活の知恵袋 , 2019 All Rights Reserved.