お葬式

遺骨を埋葬するお金がない時はどうしたらいいの?

更新日:

最近、親族が亡くなって火葬した後の遺骨を捨ててしまう人が増えているようです。

「捨てる」と言っても、もちろんゴミとして捨てるのではないのですが、お墓を立ててたり、お寺の納骨堂に納骨する費用が無いと言う理由から、電車の網棚等にわざと忘れたり、お寺や神社などに放置するケースが後を絶たないのだとか。今回は遺骨を埋葬するお金が用意出来ない時の方法についてをお届けします。

お墓を買うお金が無い!

相談者
本当に遺骨を放置する人っているんですか?

知恵袋おばさん
切ない話だけど本当にあるみたい
だけど、それって法律的にはアウトなのよね

お墓を買うお金が無いからと言って遺骨を放置するのは法律で禁じられています。遺骨の放置は厳密には死体遺棄罪が適応されます。遺骨は定められたしかるべき保管場所以外に放置すると「死体遺棄」とみなされて、3年以下の懲役が課せられるのですが「埋葬する費用が無い」等の理由を考慮して「忘れ物」と言う形で処理される事が多いようです。

お墓を建てなくてもお金がかかる?

遺骨の管理には以外とお金が掛かります。最も費用が掛かるのははご存知の通りお墓を建てて納骨することです。

最近ではお墓を持たない方が増えていて、お寺や公園墓地等の納骨堂に納骨するケースも増えていてきていますが、それでも最低でも10万円以上の費用がかかってきます。また、お墓にしても納骨にしても、1度納骨したらそれで終わりではありません。供養のための費用が別途かかることも多いようです。

相談者
そっか…管理費的なものが掛かるんですね

知恵袋おばさん
最低10万円。それから継続して支出があるとなると
低所得層には厳しいですよね…

納骨出来ない下流老人

2015年6月に藤田孝典氏が発表した『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃
』と言う本が話題になったのを覚えておられる方も多いかと思うのですが、日々の生活に困っている老人が増えているようです。残念な事に今後はもっと下流老人が増えると危惧されているのが現状です。

知恵袋おばさん
遺骨を埋葬するお金がないって問題は
誰にでも起こる可能性があるのよ

相談者
私、自分の死後にお金が掛かるなんて
思ってもいませんでした……

火葬後の遺骨を持ち帰らないと言う選択も

一般的に遺体は火葬場で火葬した後、お骨上げをして遺骨を骨壷に入れて持ち帰るのですが、実は遺骨は必ず持ち帰らなければいけない訳ではありません。

地域差があるのですが、関西ではそもそも骨壷のサイズが小さくて骨上げをするのは遺骨の一部なのです。多くの遺骨はそのまま火葬場に残される事になります。火葬場の方に「残った遺骨はどうなるのですか?」と聞いてみたところ「火葬された方のお骨をまとめて専用の埋葬地に埋葬します」との事です。また「持ち帰らない」と言う事でも良いようです。

相談者
じゃあ、遺骨を火葬場に放置していいんですか?

知恵袋おばさん
大きな声では言えないけれど
持ち帰らない人もいるみたいよ

条例により遺骨の持ち帰りが義務付けられている県もあります

残念ながら遺骨を全て持ち帰らなければならない地域もあります。

東京、神奈川、千葉では葬場運営に関する条例で遺骨を持ち帰る事が義務付けられています。ですから大阪のように「全て置いてくる」と言う方法は不可能です。

相談者
地域によって扱いが違うって事ですか?

知恵袋おばさん
そうなのよ。大阪では合法でも
東京では違法になる…って事ね

少しだけ持ち帰って手元供養

遺骨を全て置いてくる事が不可能なら「少しだけ持ち帰る」と言う方法があります。最近では、ほんの少しだけ遺骨を持ち帰って自宅で手元供養される方も多いようです。手元供養に決まったルールはありません。手に乗るくらいのサイズの骨壷に遺骨を入れてお仏壇で供養される方や、ペンダント等に加工して身につけている方も。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遺骨ペンダント・涙のしずく(シルバー925)
価格:23436円(税込、送料無料) (2018/2/7時点)

散骨もタダではありません!

遺骨の問題を語る時「お金無いなら散骨してくれたらいい。海にでもまいてくれ」と気軽に言う方がおられますが、散骨するにも費用がかります。散骨はルールを守って行う必要があり、それを破ると「死体遺棄罪」が適応されてしまいます。

散骨業者にお任せする事になるかと思うのですが、お墓を作る事を考えれば費用はかかりませんが、それでもお寺等に納骨するくらいの金額が必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海洋散骨(委託散骨)大阪湾への散骨個別コース
価格:70200円(税込、送料無料) (2018/2/7時点)

まとめ

相談者
亡くなった後の遺骨の管理って
費用が掛かるんですね

「無い袖は振れない」ではありませんが「埋葬する費用がない」と言う状況もあるかと思います。しかし、亡くなった方のためにも、何よりご自身のためにも「捨てる」と言う選択は不可能です。もし、どうしても埋葬出来ないのであれば少しだけ遺骨を持ち帰って手元供養するか、火葬場に全てを託してしまうのが賢明かと思います。

  • この記事を書いた人

知恵袋おばさん

冠婚葬祭や生活の知恵を解説します。

-お葬式
-, , , , ,

Copyright© 冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.