冠婚葬祭から日々の暮らしの疑問まで。生活に役立つ情報サイトです

冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。

お葬式

天理教のお葬式のマナー

更新日:

各宗教別で葬儀に参列する時のマナーについて書かせていただきましたが、今回は天理教のお葬式のマナーです。地域によっては天理教を進行しておられるご家庭は少ないかと思いますが、関西では以外と天理教のお宅が多いように思います。馴染みの無い宗教のお葬式に招かれた時に慌てたり、失礼のないよう、自分とことなる宗教のお葬式に参列する時は事前のチェックが必要です。

天理教のお葬式は神式のお葬式と似ています


お香典について


お香典袋の表書きは「御玉串料」「御榊料」「御霊前」で金額については一般的なお香典の金額と同じです。香典袋は市販の物でかまいませんが白・黄色の水引の物を選んでください。仏教を意味する「蓮の花」の絵の入ったものはNGです。天理教の場合は、仏教での仏様のことを、天理教では霊様(みたまさま)と呼んでいますから、表書きに「御仏前」とは書かないでください。

服装・持ち物について


服装は一般的な喪服でかまいませんが天理教は仏教ではないため数珠は必要ありません。参列する時、うっかり数珠を手に持つ事のないよう気をつけてください。

ご遺族への挨拶について


天理教のお葬式では仏教用語は使わないように気をつけてください。「冥福」や「成仏」「供養」などという言葉は仏教用語です。ご挨拶の時は下記の言葉を覚えておけば大丈夫です。

「この度はご愁傷様でした。心からお悔やみ申し上げます」

「お悔やみ申し上げます」と言う言葉はどの宗派でも使えるフレーズなので覚えておくと便利ですね。

葬儀当日の流れ


天理教の場合、葬儀は基本的に神式の葬儀と似ています。
自分の名前お呼ばれたら、前に出て、奉納しましょう。

斎主・斎員 入場・着座
  ↓
献饌(けんせん)
  ↓
副斎主 しのびの詞 奏上
  ↓
斎主 玉串奉献 告別詞 奏上
  ↓
斎員列拝
  ↓
喪主 玉串奉献
  ↓
遺族・親族 玉串奉献
  ↓
一般参拝者 玉串奉献
  ↓
撤饌(てっせん)
  ↓
斎主・祭員 退手退場
※故人との「お別れ」を行った後に「出棺」

「献饌」や「撤饌」は時間や参拝者によって省略される事もあります。
「弔電」や「弔辞」は「一般参拝者 玉串奉献」以降に行われます。

玉串奉献の作法


玉串をもらう。 

(持ち方)
・葉先を「左側下」から持ち、枝先を「右側上」から持つ。
・高さは「胸の前」辺りに上げる。

祭儀が執り行われている場所が区切られている場合は、そこで一礼。
祭壇の前まで進み、「玉串を奉献」する

(玉串奉献の作法)
・葉先左側を「祭壇」に、枝先右側を「自分」に向け
 まず軽く頭を下げ頂く。
・葉先の左手を「枝先」に、枝先の右手を「葉先」へと入れ替える。
・時計の針と同じ周りで右に回し、枝先を「祭壇」へ
 葉先を「自分」に向け玉串台へと献じる。

参拝の作法


・神前の場合は「二回」礼をする。
 神前から離れている場合は「一回」礼をするだけで良い。
・四回拍手を打つ。(通常神式では「しのび手」と言って音は立てないが
 天理教では音を立てても良い。)
・一拝
・今一度、四回拍手を打つ。
・一礼をする。

祭儀が執り行われている場所が区切られている場合は
そこまで下がり神前に向かって「一礼」。

これら含めてお葬式の時間的には1時間ぐらいです。

天理教のお葬式は神式のお葬式と少し似ていますので、神式のお葬式に参列された事のある方なら特に困る事はないかと思います。もし葬儀当日に作法が分からなければ、前の人を見てその通りに行えば大丈夫です。落ち着いて行ってください。

まとめ


仏教式の葬儀しか知らない人にとっては緊張するかとは思いますが、亡くなった方に祈りを捧げる気持ちは同じです。特に気をつけておきたいのは「数珠を持たない」「仏教用語を口にしない」の2点です。この2点に注意して参列なさってください。

  • この記事を書いた人

知恵袋おばさん

冠婚葬祭や生活の知恵を解説します。

-お葬式
-, , ,

Copyright© 冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.