お葬式

エホバの証人のお葬式のマナー

更新日:

みなさんは『エホバの証人』のお葬式に参列された事はありますか? 自分は信者ではなくても、友人、知人、仕事関係等でお葬式に出なければならない事もあるかと思います。今回はエホバの証人のお葬式について調べてみました。

一般的なお葬式の感覚とは異なります

エホバの証人はその信仰から、儀式的なセレモニーは行いません。祭壇、お焼香、玉串、献花は無く、故人の遺影も作りません。偶像崇拝をタブーとしているため「手を合わせる」と言う行為はNG。近親者で「追悼式」と言う形で故人を送ります。

服装について

追悼式で喪服を着る必要はないそうです。紺やグレーなどのダーク系スーツやワンピース等の「ちょっとかしこまった服」程度でOK。しかし、信者でない人が喪服を着てきたからと言って咎められる事はありません。

お香典について

エホバの証人の追悼式にお香典は必要ありません。しかし、どうしても何かお渡ししたい場合は白い封筒に何も書かず名前だけ書いて渡してください。「お香典は受け取れません」とおっしゃる場合「葬儀の経費として受け取ってほしい」と申し出れば受け取ってもらえる場合もあります。

弔電について

弔電は受け取ってもらえるようです。しかし「冥福」や「成仏」「供養」と言った仏教用語を使うのはNG

追悼式

エホバの証人の追悼式は火葬が終わってから「王国会館」と呼ばれる建物で行われるようです。
追悼式の目的は,死と復活の希望について聖書が何と述べているかを説明して遺族を慰めることだそうです。

式の内容

故人がどんな人だったか、生前について語られます。
その故人が抱いていた聖書の希望について話がなされます。
閉会は、賛美歌 と 短い祈りで終えます。

信者でない人は黙って座っていればOK。

お悔やみの言葉

エホバの証人の方へのお悔やみの言葉に「冥福」や「成仏」「供養」と言った仏教用語はタブーです。「このたびは残念でした」程度にとどめておくと良いそうです。

まとめ

エホバの証人の葬儀(追悼式)は一般的にイメージされるお葬式とは違うため、戸惑われるかと思いますが、故人をお見送りしたいと言う気持ちは同じだと思います。

・仏教用語「冥福「成仏」「供養」を口にしない。
・手を合わせない(拝まない)

この2点に気をつけて参列なさってください。

  • この記事を書いた人

知恵袋おばさん

冠婚葬祭や生活の知恵を解説します。

-お葬式
-, , , , , ,

Copyright© 冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.