結婚

再婚の結婚式。招く側と招かれる側の心得。

更新日:

近年、離婚や再婚をされる方が多くなっています。再婚される方が、いざ式を挙げようとするとき、結構悩むのが「ご祝儀」です。「私、再婚だし……」という気持ちも手伝って、いただいていいものかどうか迷われる事もあるのではないでしょうか? また、招待された方も、「2度目のご祝儀……結構な出費だな……」と思うと、ご祝儀の額に困ってしまったり。今回は再婚の結婚式について調べてみました。

再婚式のマナー

これから式を挙げようとしている方の場合

祝儀は受け取らない

再婚だからと考えて、ご祝儀で迷ったとき、一番手っ取り早いのは、招待状に「お祝いは結構です」とはっきり書いてしまうことです。そうすれば、招待する側もされる側も、迷いや悩みがなくなります。

ただ、その場合、式の費用は全額自分たちで負担するのは当然のこと。後になって後悔しないように費用の面でも準備が必要です。

人によってはご祝儀を持ってきてくださる場合もあるます。その時はありがたく頂戴しておきましょう。もちろん、後日個別にお礼をすることを忘れてはいけません。

会費制にする

「お祝いは結構です」と言われても、実際のところ、招待された側は戸惑ってしまうかもしれません。それを解決するために、「会費制」にする方法があります。主催者側が金額を提示するので、「他の人はどうなんだろう」と気を使うこともなくなります。

会費制の金額は、会場によって異なります。結婚パーティーがOKのカジュアルなレストランであれば、5000円からでも対応してくれます。非常にリーズナブルです。しかし一方でホテルなどを使う場合には、2万円~3万円になること。ご招待する以上、あまりにも大きな負担になるような金額は避けたいものです。

お返しを多めか高価に

再婚といっても、おめでたいことに変わりないので、少し前までのマナー本などでは、ご祝儀は初婚のときと同じ額をいただいてもいいと言われています。

しかし、再婚の場合、どうしても「再婚だから……」という遠慮の気持ちが出てきてしまうものです。もし、そういう気持があるならば、ご祝儀自体をお断りするのではなく、お返しを多くする、あるいは高価なものにするなど、気持ちを表現すればいいでしょう。

たとえば、5,000円のカタログギフトが一般的であっても、7,000円にする……などの工夫をしてみてはいかがでしょうか? 一般の引き出物の相場よりも少し高めのものにすればいいのです。

どちらかが初婚であれば、初婚のルールでOK

どちらかが初婚の場合には、あくまで初婚の結婚式のやり方でいいと思います。つまり、ご祝儀をいただくことに遠慮をすることはないということです。

招かれる方の場合

お祝いは結構ですと言われたら、手ぶらでOK

「お祝いは結構です」と言われても迷ってしまうと思いますが、手ぶらでOKです。でも、どうしてもお祝いをしたいのであれば、それは自由。

ただ、招待側がお返しに困ってしまうような高価なものは避けておいた方が無難です。相場としては1万円程度で、周りの方のことを考えると、後日、自宅に郵送するなどの配慮があると親切です。もちろん、親しい間柄であれば直接自宅に届けるのもいいでしょう。

会費制でも、プレゼントは不要

会費制の場合も、基本的には他にプレゼントは必要ありませんが、どうしても贈りたいというのであれば、贈ってもいいでしょう。前述したように、お返しに困るようなものは考えもの。本当に気持ち程度のものを贈った方が、いただいた方も何かと安心します。

何も言われていなければ、初婚と同じ金額

特に何も言われなければ、初婚と同じ額にしてください。招待状に「お祝いは結構です」とか「会費制」という言葉がなかった場合、「2回目となると結構出費だな……」なんて考えが頭をよぎりますが、再婚とはいえ、とてもおめでたいことなので、初婚と同じ額をご祝儀としてお渡ししてください。

まとめ

再婚の場合、ご祝儀については、ゲストも気を使います。ですから、もし招く側でしたら、最初に明言しておく方が親切だと思います。また、招かれる側は、もし何も言われなければ「再婚だから…」と思わずに、初婚と同額のお祝いをなさってください。

合わせて読みたい

おすすめ
疑問
「平服でお越しください」と言われた時の服装について。【結婚式・法事】

結婚披露宴や、葬儀で行うお別れ会など、冠婚葬祭の案内で「平服でお越しください」と言われた時、どんな服装をすべきか迷いませ ...

おすすめ
両親への結婚(交際)の挨拶をする時のマナー。【服装・手土産・当日の流れ】

結婚は人生の一大事。当人同士が愛し合っていれば問題ない……と言う方もおられますが、自分の両親にも相手のご両親にも祝福され ...

おすすめ
年齢別。結婚式のご祝儀の相場

6月はジューンブライドと言うことで結婚式をされる方が多いように思います。結婚式や結婚披露宴に招待される機会も多くなるので ...

-結婚
-, , , , ,

Copyright© 冠婚葬祭と生活の知恵袋 , 2019 All Rights Reserved.