お風呂

生活

梅雨のお風呂のカビ対策

更新日:

梅雨時期ってお風呂のカビが気になりませんか? お風呂ってただでさえカビが発生しやすい場所。梅雨に突入したとたん、お風呂がカビのパラダイスに……なんて事も。今日はお風呂のカビ対策について調べてみました。

カビは多細胞の微生物の一種。お酒やお味噌、チーズの発酵などに必要な微生物の仲間です。空中に漂う胞子が水分を吸収して発芽し、汚れを餌にして糸状になり、菌糸が枝分かれして成長していきます。

お風呂のカビと戦う!

お風呂にカビが生えやすい理由

お風呂にカビが生えやすいのは、カビにとってお風呂がパラダイスだからに他なりません。お風呂はカビにとって暮らしやすい環境なんです。

1 お風呂の室温は20度~30度。カビが繁殖しやすい温度と同じ
2 お風呂の湿度は80%~100%。カビの発芽に必要な水分たっぷり
3 お風呂には石鹸カスや人の垢など、カビの栄養になるタンパク質がたっぷり

……と言うことは。この理由を断つことでカビの発生を防ぐ事が出来るのです。

1 お風呂の温度を下げる
2 お風呂を乾燥させる
3 お風呂の中のタンパク質の除去

お風呂のカビを予防する日々の実践

003160

カビが発生しないためには日々のど利欲が必要です。こまめな対策は意外と効果的なんです。

お風呂の残り湯を桶で洗い場の壁や床にかけて、シャンプーや石鹸が飛んだ場所に流します。
→タンパク質の除去

熱め(45度以上のシャワーをかける)
→カビが死滅します

シャワーで水を壁や床にまく
→温度を下げる

最後に窓を開けるか換気扇をかけて乾燥
→お風呂を乾燥させる

余力があれば壁やや床の水分を拭き取る
→乾燥させる

お風呂のカビを予防するためのひと工夫

日々の対策とは別に余力があれば試していただきたい事をご紹介します。

・週に1回、薬局で売っている「消毒用エタノール」をスプレーボトルに入れて、壁面や天井などカビの生えやすい場所にスプレー
・タイルの目地にロウを塗って撥水加工

それでもカビが生えてしまった場合

市販のカビ取り剤で掃除をするのが手っ取り早いのですが、カビ取り剤を使っての掃除にもコツがあります。

長時間置くのが良いとれさてますが、スプレーした場所をラップで覆うと、カビ取り効果がアップします。
カビは生えてしまう前に予防するのが大切です、入浴後のちょっとした作業で、かなりのカビを防ぐ事が出来るので1度おためしください。

合わせて読みたい

おすすめ
洗濯機
洗濯槽のカビ対策。話題の過炭酸ナトリウムで洗濯槽掃除!

梅雨が近づいてくると気を付けたいのが「カビ」ですよね。 湿度の高い場所は要注意。お風呂や押し入れなどは普段から気をつけて ...

おすすめ
梅雨の部屋干し。臭わず早く乾くコツ

梅雨って何かと憂鬱ですが、私が1番憂鬱なのは洗濯物が乾かないこと。しか も部屋干しすると洗濯物が何気に臭う。乾燥機でパパ ...

おすすめ
除湿機に頼らない梅雨の湿気対策8選

梅雨は毎日が湿気との戦い。除湿機やエアコンのドライ機能を使って除湿するのが最強ですが、電気代が気になりますよね。 お部屋 ...

-生活
-, , , ,

Copyright© 冠婚葬祭と生活の知恵袋 , 2019 All Rights Reserved.