お見合い

お見合いのお断り例文集。具体例をご紹介します。

お見合いを敬遠する方に「どうしてお見合いをしたくないんですか?」と伺うと「断り難そうだから」と答える方が圧倒的に多いんです。

実は「お見い=断り難い」と言うのはイメージでしかありません。

恐らく一昔前の映画やテレビに出てきたお見合いのイメージが、いまだに払拭されないのだと思います。

物語の中に登場するお見合いは「両家を結びつける政略結婚」と言うパターンが多いのですが、今時そんなお見合いってむしろ珍しいのではないでしょうか。

相談者
確かに結婚なんて嫌々出来るものじゃないですよね

知恵袋おばさん
最近のお見合い事情ってドラマや映画にはなり難いからなかなか広まらないのよね

お見合いは結婚を前提とした出会いの場ですから、実は恋愛よりも儀礼的、機械的にお断りする事が出来ます。

今回はお見合いをした後の「お断り」の具体的な例文をご紹介します。

お見合いの断り方

お見合いは恋愛よりも断り安い…と言うのが筆者の持論てすが、だからって大人同志のことですから、包み隠さず何でも口にして良いって訳ではありません。

間に立ってくれた仲人さんとお相手を傷つけないような配慮が必要です。
知恵袋おばさん
結果はどうあれ仲人さんは良かれと思って骨を折ってくれるのだから礼を尽くしてくださいね

絶対にしてはならないのは、相手の容姿や癖などを具体的に挙げてお断りする事。

お断りする時は相手を立てて、自分がいたらないから……という形に持っていくとスムーズに事が進みます。いくつか例文を挙げていきます。

お断りの具体例

相手の転勤が気になる場合

・転勤が多いお仕事のようですが、私は1人娘で出来れば実家の近くにいて両親の面倒を見たいと思っているので……
・転勤の多いお仕事だとお聞きしたのですが、私は人付き合いの上手なタイプではないので別の土地で暮らしていくだけのバイタリティがないため出来ればここで暮らし続けたいと思っています。転勤先についていく自信がありせんから…

暗い感じがする人だった場合

とても思慮深い方のように思えるのですが、教養のない私にはお話するのも気が引けてしまって……

わがままそうなところが嫌な場合

大切に育てられた方のようで、ガサツな私とは釣り合わないようなので……

派手そう(チャラチャラした印象)の場合

活動的な方のようなのですが、ボンヤリしている私にはついていけそうにないので……

相談者
なんだか、こじつけ感が凄いんですが…

知恵袋おばさん
オブラートに包みまくるくらいで丁度いいのよね

お見合いをお断りする場合の鉄則!

お断りする時、お相手を一方的に貶めるのはNGです。

相手の方を上げつつ、自分を下げるくらいが丁度です。

「ごめんなさい。良い方なのは分かっているのですが、どうしても一緒にやっていく自信が無いので…」と「私が至らないので無理です」と言うスタンスで、ちょっぴり自分を下げた上でお断りしてみてください。

自分を下げる言葉があるのと、無いのとでは印象がガラッっと変わってきます。

相談者
自分を下げて相手を上げるって日本の人間関係の基本ですね
知恵袋おばさん
お見合いって言っても結局は人間関係だからね

まとめ

知恵袋おばさん
上記でご紹介したお断りの理由はすべて「こじつけ」と言ってしまえば「こじつけ」でしかありません
しかし気の利いた仲人さんなら最後まで言わずとも、察してくださる事と思います。

「とてもよいお話なのですが、あまりにもご立派(素敵)な方で、私には過ぎたご縁ではないかと思います。残念ですが、今回のお話は辞退させて戴きます」と付け加えておけば無難にお断り出来ると思います。

今回はお手数をお掛けしてありがとうございました。またよい話がありましたら、ご紹介をお願いいたします」 と伝えておけば、また何かご縁があればお見合いの話が舞い込んでくるかも知れません。

知恵袋おばさん
1回のお見合いで決まることって滅多にありません。これに懲りずにご縁があればチャレンジしてみてくださいね

-お見合い
-

Copyright© 冠婚葬祭と生活の知恵袋 , 2019 All Rights Reserved.